安彦賢 さんはインスタンス thinkers.ac のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

@asayuki55 @Bioinfo You're welcome! 受験勉強はこれからが辛いと思うけど、うまくいくことを願ってるよ!

@Bioinfo @asayuki55
試験を受けていたら... (いや実際には受けていないけど...) 落ちていただろうな。という点で仮定法なんじゃない?
"If I had taken the exam, I couldn't have passed it."って省略されているところを補えばわかりやすいかな?

『現代思想の教科書 』石田英敬著(ちくま学芸文庫)は高校生に是非ともおすすめしたい一冊。この本を読んでいてよかったなと思う場面は数知れない。
amazon.co.jp/dp/448009279X/ref via

授業まとめるのは時間かかるから、いつか暇な時ということで、でも、なにかthinkersへ投稿することもないので、質問うけつけます。
まあ一応、東大の学生アンバサダーなので東大に関する質問バシバシしちゃってください!
あと高校生も見た感じ多いけれど、受験関係の質問も力になれると思うからよろしく!
↑以外の質問もなんでも待ってます!
#学生アンバサダー#東京大学

東京大学教養学部1年の安彦賢 (アビコケン) です。

東大の1,2年生は文理関係なく、全員が教養学部に所属して様々な授業を主体的に選択できます。(理系は必修が多いが、文系は必修は語学のみ。)

3,4年生になってはじめて学部に分けられる仕組みをとっているのは東大の魅力の一つだと思います。

私の特に興味がある分野は哲学、社会学全般から心理学ですが、その他の様々な分野に関しても興味があるので、みなさん是非とも知を共有していきましょう!

#自己紹介

ー東大の授業ー
【近現代の自由概念の今日的意義】ー哲学
【心理I】ー心理学
【社会行動論】ー社会心理学
これらの授業内容は随時共有していこうと思う。

#東京大学 #近現代の自由概念の今日的意義 #心理I #社会行動論

@togo 「自由」が日常生活で気軽に使われる反面、「自由」とはを考える機会は少ないですよね。
「勉強をするのは自由になるため」ー確かにこれでは「自由」とは何かを考える必要があると思います。
ただ、この言葉をみて私が考えたのは、「勉強をするのは選択肢を増やすため」と言えばよいのではないかということです。
実存主義的「自由」観にたつと、人間は常時、選択して生きていることになります。つまるところ、人間は根源的に「自由」なわけです。
別に選択肢が増えたからといって自由になる訳ではありません。ただ、選択肢が拡大すること自体、自己可能性を増大することに直結するので、その意味で勉強は有意義ですよね。

ヘーゲルの文章は難解な単語を多用し、一文が長いため読みづらいが、論理構成はわかりやすいので慣れたら読める。

授業名:近現代の自由概念の今日的意義 【第2回ハイライト】 「汝の格率が普遍的法則になることを汝がその格率によって意志しうる場合にのみ、その格率に従って行為せよ。」(カント, 『純粋理性批判』) もっと見る

授業名:近現代の自由概念の今日的意義 【第2回ハイライト】 「汝の格率が普遍的法則になることを汝がその格率によって意志しうる場合にのみ、その格率に従って行為せよ。」(カント, 『純粋理性批判』) もっと見る

【近現代の自由概念の今日的意義 第3回ハイライト】「国家は具体的自由の現実性である。具体的自由は、まさにその人格的個別性とその特殊的利害が完全な発展とその承認を(家族および市民社会の体系において)対自的に得ているということのうちに成り立ち、[…] また、人格的個別性と特殊的利害が […] 自己の究極的目的としての普遍的なものの利害のために活動することのうちに成り立つ。」(ヘーゲル, 「法の哲学」) もっと見る

授業名:近現代の自由概念の今日的意義 【第2回ハイライト】 「汝の格率が普遍的法則になることを汝がその格率によって意志しうる場合にのみ、その格率に従って行為せよ。」(カント, 『純粋理性批判』) もっと見る

授業名:#近現代の自由概念の今日的意義

授業概要:東京大学教養学部1年の必修科目である初年次ゼミナール文科の一授業。生徒数は20名。カント(「純粋理性批判」)、ヘーゲル(「法の哲学」)、ハイデガー(「存在と時間」)、アーレント(「活動的生」)の「自由」、「共同性」をめぐる箇所を予め精読し、授業内では担当者の発表、及びクラス内での議論がおこなわれる。

教員紹介:景山洋平先生。ハイデガー研究を専門とする。難しいテクストの読解を手助けしてくれる。非常に論理的で説明がわかりやすい。

授業目的:「自由」をめぐる近現代哲学の重要テクストにとりくみ、また、それが現代の問題状況につながる仕方を学ぶことを通じて、人間観の原理に立ち戻って、「我々」自身が他者と関わる在り方について広い視野をもって考察する訓練を行うこと。
*「自由」とは?
**「我々」とは?

#東京大学 #ドイツ哲学 #自由論