原始身体錬成会 さんはインスタンス thinkers.ac のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。
70911e3cac663d65b811e1d502ea57c3

原始身体錬成会 @primitivism_workshop

@Ken2001 僕は「誰であってもある仮説が正しいかどうか確かめられる」のが科学って認識です。だから、正しい手順を踏んだ科学実験はどこで誰がやっても決まった結果が出るわけで。

逆に宗教学なんかはそれがないんですね。カトリックとかプロテスタントとかのどれが正しいかを確かめられないから現代でも複数のセクトがあるんじゃないですかね?

@Ken2001 僕は門外漢なんで科学と非科学を分けるのは反証可能性だと思ってましたけどね、ポパー先生の言うことを信じて。

@NNAO そんな学校もあるのですね、羨ましい……。

それはともかく、なるほどハイデガーをそう読まれますか。僕は全く逆の解釈をしています。

日常生活の中で「学生」であり、「サークル長」であり、「アルバイト」である僕は「現存在」です。他者(=世界)との関わりの中で生きているため「世界内存在」とも呼ばれます。

しかし、それら周りとの関係を取っ払った単なる存在としての自分もいて(実存としての自分)、それを自覚するためには死に直面する必要がある、とハイデガーは言っているのでは?

つまり「懸命に生きている人」ほど死を忘却しているために世界内存在であると考えます。つまり、世界内存在って一般的には悪いことでもなんでもないと思います。

ただ、実存を求めようとするのならば、また違った解決法がいります。僕は原始的な身体の錬成こそがこの突破口になると考えています。

フランスの社会学者カイヨワは原始的な社会では規則と秩序ではなく、脱規則と混乱が社会を占めていたと述べています。

僕の考える原始的な身体の錬成とは、あらゆる関係性と極力距離をとり、ただの存在として世界の中に自らを放擲することです。

@NNAO 僕はまだ読んでないのですが、前提にしているのはハイデガーですかね?「死が人間の時間を根源的なものにする以外積極的な意味を持ちえない」という部分、ぜひ詳しくお訊きしたいです。

ギャップイヤーはいいんじゃないですかね?やりたい人はやれば。インターネットの普及やグローバル化によって時間と空間が圧縮され、加速する時間感覚の中で知らず知らずに失ってしまった時間を取り戻したいと思うのって自然な感覚だと思います。都会ではそうでもない人が多そうですけどね。

若いから、とか関係なく万人が下らないデスクワークを捨て、肉体労働によってかつての時間感覚を取り戻し「原始的な身体を錬成すること」が大切なのではないでしょうか……そうでもないか(笑)

なんか曖昧な質問してすみませんでした。

平和主義って例えばキリスト教的には「手段としての暴力の否定」だと思うんですけど、この定義だとほとんどの日本人は平和主義者は名乗れないことになります。

結局平和主義って「主義」じゃないと思うんですよね。日本も平和主義とかじゃなくて「平和の理念」とかを掲げないと理屈が通らないような気がします。

@gaku いや~なんかふと思いついて訊いてみちゃいました。雑談程度のつもりで。

平和主義って多義的だな、というのが僕の考えといえば考えですね。多分、「共産主義」とか「耽美主義」とかだと何かしらコメントができると思うんですよね。平和主義だけコメントできないってことは実はみんなよく知らないで使ってるような気がします。

@togo すみません、雑談なので特に何か考えがあって訊いたわけではなく、単に興味半分でのトゥートでした。

なるほど、この場合の平和主義は平和的な(争いのない)世の中を目指す政治的、歴史的な立場、といった意味でしょうか。

ロヒンギャ問題は僕も詳しくはありませんが、問題解決を先送りにするようなことなかれ主義にも平和主義という語が使われてしまっていることは事実だと思います。

そこまでアンビギュアスな「平和主義」という語に価値はあるのでしょうか……

平和主義について、どうお考えですか?

#雑談

@sushicat

叱りますね~。やっぱり道徳教育は左翼っぽい雰囲気あると思うんですよ。

共産主義の一般的な四つの原則
・完全平等主義
・主意主義
・人民への信頼
・テロル(恐怖政治)

道徳教育
・平等
・情操
・信頼
・規律

考えてみたら非暴力・不服従ってかなりヤバイ思想なんですよね。

平和主義も原理主義者達は弾圧されてきました(シュライトハイム信仰告白などがよい例かと)。

スラヴォイ・ジジェクの言う「シニック」に陥らないよう、なるべくストイックに自分のイデオロギーの構築をしたい。

「真理の探求にはタパス(苦行)が―ときには死に至るほどの苦行が伴います。そこには私利私欲など、影ほども入りこむ余地はありません。このような私心なき真理の探求にあっては、なんぴとも、いつまでも方向を見失ってはいられません。道を踏み迷っても、すぐにつまずいて、正道に立ちかえります。したがって、真理の探求は、まことのバクティ(信愛)です。[このようにバクティは、世に言う「人が自分の生命を賭けるに値する取り引き」です。]それは神に至る道です。そこには、臆病や敗北の入る余地はありません。信愛は、死そのものが永遠の生命の門となる護符(通行手形)です。」(ガンディー『獄中からの手紙』森本達雄訳 岩波文庫より)

#読書家

@togo 確かにaccountabilityも責任と訳されますね。accountabilityはaccount(計算)+ability(されうること)が語原になっているようですので、利害関係のある人々にお金に関することの説明をする責任、というか義務だと思います。

responsibilityは「何かやらかした後に法廷で弁明する説明責任」、accountabilityは「利害関係のある相手に事前に了承を得るための説明義務」というイメージです。

@togo 責任には二種類あるように思います。英語で言うレスポンシビリティ(responsibility)とライアビリティ(liability)です。

レスポンシビリティは「レスポンス」という語から推測できる通り、応答する責任です。車の事故でいうと、何故事故が起きたのか、どこに過失があり、何が原因なのかを明らかにする責任です。

対してライアビリティは立場につく責任です。車の事故でいうと、両親や家族、あるいは職場の上司といった直接事故を起こしていない人が、頭を下げる責任です。

AIはレスポンシビリティの責任は取れると思います。事故の原因をドライブレコーダーなどから解析するとともに、AIに瑕疵が無かったか、使用方法に問題はなかったかを明らかにすることは技術が進むにつれ、可能になるかと思います。

しかし、AIは頭を下げられません。この辺は工学畑の人達とは畑の違う、哲学畑の特に倫理学と身体論系の人が扱うようなテーマかな、と思います。

だらだらと書きましたが、「責任を取るとは何をすることか?」に対する私の答えは

「原因を明らかにすること、そして頭を下げること」です。

@doteisekai 僕は変わらず「たとえどのように選択された十人の中にも同一の個性を認めることは困難である。なので眼前にいる「その人」を類型化することなく、差異に注目すべき」という意味としてとっています。

さらに言うと「露悪」はシニシズムを加速させる行為であり、個人的に好ましくないものだと思っています。

@doteisekai 千人に千通りの個性を与えることは確かに困難ですが、千人の中にまったく同一の個性を認めることは困難どころか不可能であるように思えます。

「十人十色」は十人の中に同一の「色」がないことを示していますし、事実千人だろうと万人だろうと厳密な意味でまったく同一の個性を認めることは不可能です。

十の個性を個別に認めるのではなく、十の中に厳密な意味でまったく同一の個性がないことを認めること、その敷衍が「十人十色」の意味では?

@doteisekai どの「色」であっても把握できることと全ての「色」を把握できることは範囲の違う問題かと。

全ての「色」について語っておられるようであれば、その論の外延は実態を越えているように思えます。

現実、我々は我々の認識できる範囲の「色」を見ているのであり、それ以上の「色」を認識しようとするとかつて認識した「色」を忘却せざるをえないということでしょう。

我々はその範囲内でのみ「色」を認識するのであり、実際に認識できる範囲を越える「色」は知識としてのみ知覚しうる(一億色ある、ということを「知っている」)のではないでしょうか。

例として適切か微妙ですが、「一億人の名前を覚えられる」というのは明らかに嘘ですが、「世界の誰であっても時間をかければ名前を覚えられる」というのは嘘とは言い切れないでしょう。

外延さえ適切に判断出来ていれば、そこに欺瞞という語を使うのはいささか過激であるように思えます。

@doteisekai 「色」の差異を認識することが実態と乖離しているという点には納得できかねます。

一億色を同時に認識することは不可能でも、並んだ二色の差異に目を凝らすことは可能でしょう(文字通り「盲目」でなければですが)。

同様に目前にある「色」とかつて目前にあった「色」との差異をそのつど繰返し確認していくことは欺瞞とは言いきれないように思います。

@doteisekai

「…旦那がお忘れなのはさ、絵描きの目に飛び込んでくるのはまず、違いなんだってことでね。似てるとこしか見てないのはど素人だからね。」(V.ナボコフ『絶望』貝澤哉訳 光文社より)

類型化することを自己欺瞞というのであれば、むしろそれは改善しうることとして考えることもできるのでは?

ある対象に対し安易な類型化を避け、他の「色」との差異をどれだけ認識できるか。「誠実さ」という道徳規範はこれを示しているものだと認識しています。

@riho まあ、気張るとすぐ燃え尽きちゃうので無理のない範囲で頑張ってみて下さい!

一応、(受験生の)一日の摂取カロリーの目安の計算式書いておきますね。

25.3×1.5×体重(kg)

↑これが一日の消費カロリーの目安になるので、これより食べると太りますし、食べないと痩せます。ただ、食事だけでのダイエットは絶対リバウンドするので、適度に筋力トレーニングを行って下さいね!